札幌在住資産家の卵が資産家になるまで

資産家とかいって調子に乗ってる我輩が「資産運用術」「人間力」「仕事力」「恋愛力」「幸福術」をぼやきます。

保険屋さんに言われて共感した誰も気づいていない資産

こんにちは資産家のピピです。

 

今日はある生命保険会社のトップセールスマンと対談した時の話をします。

 

まずそもそも保険って様々な保険があるんですけど

保険=生命保険とか自動車保険のイメージが強いですよね。

その他にも保険には

・弁護士保険

・災害保険

・ペット保険

などなど

「何かあったときの保険」

というように様々な事象において担保を作れる世の中になっています。

 

生命保険は20代で約60%

30代以降は80〜90%とほとんどの人が加入しています。

 

そして生命保険は一生涯でみると家の次に大きい支出と言われていて

平均は月約3万円(たぶん家族がいたり、死亡保証付きの運用とかそういう兼ね合いもあり)

仮に30歳から60歳まで支払うと換算しても

約1000万円近く発生します。

 

この生命保険って早ければ早いほど保険料が安く

逆に遅ければ遅いほど保険料が高く、

また加入できないリスクもあります。

 

そして生命保険の内容をある程度わかっている人は一般人でいうと2割程度

(ここでの一般人は保険を仕事にしてない人と仮定しています。)

 

つまり8割の人は生命保険のことをしっかり知らないまま1000万円という大金を支払っています。

 

ここでは保険のことを勉強しましょうってこともそうですが

生命保険の支払いを先行投資するべきということをお伝えしたいです。

 

例をあげると

「子どもに将来残したい」

といって全てお金を増やす方に投資を行う人がいます。

また将来FIREを目指すため、権利収入が欲しいからという理由で資産形成、資産運用のために投資をする人がいます。

 

間違いではありませんが、

そういった方は是非自分の生命保険の見直しや子どもへの生命保険の加入も検討するべき検討し直すべきだと思います。

 

理由としては

せっかく作った資産を何かあったときに

切り崩さなければいけないケースをよく聞きます。

またこどもに対しては0歳から長く使える生命保険に加入して支払ってあげることで

将来の支払いを減額してあげることが出来ます。

 

親の介護のため、こどもの養育費、入院、怪我などなど

 

せっかく築き上げた資産を削らなければいけないですし

皆資産形成や資産運用を断念したり一歩踏み出せない理由は

「お金を出資するお金を捻出できないから。」

なんです。

 

お金は稼ぐ、増やすの後に「守る」という

作業があります。

 

皆さんはお金を稼ぐ、増やすを考えていて

守るということは考えていますか?

こどものために守ることを何かしてあげてますか?

将来人に迷惑のかからないよう守る対策を取っていますか?

 

生命保険は日々内容や補償が変化していて

一概にも早くから長く保険に入ることが絶対ではないですし

考え方によっては

資産を増やして守るという考え方もあるので

今回僕がお伝えしたことを100%やってください!

ってわけではないです。

 

ですが一つの情報、気付き、学びとして捉えて頂けたら嬉しいです。

 

 

僕も生命保険は付き合いでわけわからんままわけのわからない保険に入って損しました。

保険屋も利益や成績を求める人がいますし

意外に良い情報を教えてくれなかったりします。

 

 

まとめると生命保険は自分で知識をつけ

早めに検討する。

増やすだけじゃなく守ることも考える。

子々孫々の為の資産はお金だけじゃなく保険やその他の資産もある。

 

 

 

情報も大事な資産です。

お金に執着せず自分の人生楽しんでいきましょう。

以上です。